スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリギリ

カモメ

犬も、猫も、鳥も、カメラを向けられると案外嫌がる。
ただ見ているのと、カメラを向けられのは、少し違うらしい。

こちらを気にしつつ、でもまだそこに留まっている、そんな気配。
僕は、できるだけ余計な動きをしないように気を付けながら、ピントを合わせる。

黄色い空と鳶

思い出

野良猫

写真を撮りだしてから、気が付けば15年。
時折昔の写真を眺めては、当時の記憶を掘り起こす。

写真に写ったほんの一場面。

その写真が無かったら、
すっかり記憶の奥底にしまわれていた、何気ない場面。

一枚の写真が記憶の引き出しの取っ手になって、
何年も前に感じたはずの温度や匂い、笑い声まで思い出させる。

あの時確かに僕の目が見ていた、唯一の記憶。
大切な大切な、でも、つい忘れてしまいそうな。



だからまた、
今日の、明日の、明後日の、
15年後の為にシャッターを切る。

夜行性

猫
僕は素知らぬ顔をしながら、
そろり、そろりと近付く。

あさっての方を見ながらも、
その全神経は僕に向いているのだろう。

僕があと一歩でも踏み出せば、
いつでも走り出せるように。

猫の瞳

金目銀目(オッドアイ)の白猫
美しいな。

その白い毛は
灰色にすすけていたけれど
そんな事、どうでもよかった。

Puppy

オーストラリアン・シェパード(オゥシー)の仔犬
オーストラリアン・シェパード(オゥシー)の仔犬
オーストラリアン・シェパード(オゥシー)の仔犬
オーストラリアン・シェパード(オゥシー)の仔犬
僕の実家は、犬だらけなんだ。
ペット禁止の集合住宅だったけど、
僕が生まれる前から家を出るまで、
いつだって犬が居た。

片田舎の一軒家に引っ越してから、
母親の犬好きには拍車がかかったみたい。

僕は時折、
素敏くて愛らしい彼らを撮りに、
実家へと足を運ぶ。

目が開いた






目が開いて、耳が少し大きくなって、
ちょっと犬らしくなってきた。

いっちょ前に、
あくびをしたり、
文句を垂れたり、
物憂げな顔したりするんだ。



ああ、子犬特有の、
深い青い目を撮るのを忘れた・・・

Puppy

オーストラリアン・シェパードの子犬(ブラックトライ)
オーストラリアン・シェパードの子犬(ブルーマール)
オーストラリアン・シェパードの子犬(ブラックトライ)
オーストラリアン・シェパードの子犬(3匹)
オーストラリアン・シェパードという、
ちょっと珍しい種類の子犬達。

なに、その、ちっちゃい爪!!

ドッグスポーツ

犬(兄弟) オーストラリアンシェパード
マテ! ドッグスポーツ(フリスビー) ドッグスポーツ(フリスビー) ドッグスポーツ(フリスビー)

えへ。

オーストラリアン・シェパードの子犬
ええと・・・そこで落ち着かないで欲しいのだけれど・・・。

Profile
ぐらいんだぁ ぐらいんだぁ
夜と夏が好きな、生粋の千葉県民。フリーのWEBデザイナー。カメラはCANON EOS M2と70D。
HP→ぐらいんだぁ's ARCHIVE
Twitter
    more >>
    ブログ内検索
    Category
    Archive
    My Favorite
    このブログをリンクに追加する
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。